マンション選びは中野を中心にリサーチ|今は中古マンションが買い!

落ち着いたインテリア 落ち着いたインテリア

住んでよかった街ランキングNo.1

自分の城を持つのにピッタリな中野区

道路

吉祥寺、赤羽、目黒…

東京都内にはいわゆる「住みやすい街」が数多く存在します。その「住みやすい街」の話になったとき、常に話題の中心となる街があります。利便性に優れ、常に活気にあふれた街「中野」です。


新宿には5分、池袋には6分で行けるという優れたアクセス面。そして中野ブロードウェイや中野サンモール商店街などの魅力的な商業施設や商店街の存在。これらは中野における住環境の良さを語る上で欠かせません。特に「サブカルチャーの聖地」と称される中野ブロードウェイは、区内外から多くの人が訪れる観光地として高い人気を誇っています。昨今のアニメブームの影響により、女性の姿もよく見受けられるようになりました。


中野はその住環境の良さゆえ、駅周辺の物件は家賃相場がやや高めです。しかし駅から少し離れたところであれば、築年数の古い安めの物件も多く並んでいます。区全体に商店街があるので、一人暮らしをするのにはそんなに不便はないはずです。電車ではなくバスや自転車で通勤することだってできるかもしれません。周辺地域に詳しい地元中野区の不動産会社に相談すれば、掘り出しモノに出会えるかもしれませんよ。

中古マンション旋風到来

「買ってよかった!」マンション購入者の本音

今、マンションを購入する一人暮らしの女性が増えている傾向にあります。

下にあるグラフは、一人暮らしをする女性が購入したマンションの価格と、購入時の年齢をグラフにしたものです。このグラフを見ながら、

実際にマンションを購入した人の購入理由と購入後の気持ちの変化を見てみましょう。

購入価格グラフ 年齢グラフ
キャミソールの女性

30歳女性の場合

2,500万円の中古マンションを購入しました。

当時は借りていたマンションに毎月10万円以上の家賃を支払っていましたが、もったいないと感じ購入を

決意しました。ローンの返済スケジュールもしっかり立ててから購入したので、特に大きな借金を背負っ

ているという気負いはありません。むしろ「完済に向けて頑張ろう」という気持ちが芽生え、生活にハリ

が出ました。ペット(猫)と一緒に暮らしていますが、購入物件ということもあり、多少暴れてもいいかなと考えて生活しています(笑)。

半袖の女性

34歳女性の場合

購入しようと思ったきっかけは、賃貸の更新時です。毎月家賃として支払うこのお金を自分の資産に当て

たいと思い、マンションの購入を決めました

購入したのは都内にある3,000万円の中古マンションです。

元々DIYに興味があったので、少しずつリフォームを繰り返して自分らしさを全面に押し出した部屋作り

を楽しんでいます。

まとめ

マンションの購入価格は、1位が2,000万円台、そして3,000万円台、

4,000万円台、1,000万円台と続く結果となりました。

契約年齢で最も高かったのは29歳、いわゆる“アラサー”と呼ばれる年

齢です。「家賃を支払うのがもったいなく感じたから」という理由以

外にも、「30歳になるまでにお金を貯めてマンションを購入しよう」

「30歳になる節目に思い切って買おう」といった意見も。

口コミ内容からも読んで取れるように、やはり気になるのはローンの

支払い。ただマイナスに捉えている女性は少ないようで、「仕事にハ

リが出るようになった」という意見や「ローンの仕組みが分かって勉

強になった」という意見もありました。ローンを組むことをプラスに

捉えている人が多い傾向にあるようです。

マンションの室内

若い世代に人気のある中古マンション

日本政府は2010年の新成長戦略の中で、「2020年までに中古住宅流通市場やリフォーム市場の規模を倍増させる」ということを閣議決定

しました。これにより、消費者がより安心して中古住宅を購入できる環境が作られました。実際中古住宅を購入する人や、購入した物件をリ

フォームする人の数が増えている傾向にあります。

中古住宅の中でも特に目を引いているのが中古マンションです。平成25年度住宅リフォーム実例調査によると、30代以下のマンション購入

者の約7割が中古マンションを購入しているという結果が出ています。



中古マンションへの意識や注目が高まりつつある今こそ、自分の理想に合う物件探しの時なのかもしれません。

中古物件購入の決め手となった理由ランキング

購入決め手ランキング

中古マンションの購入者は、どのような理由で中古マンションを購入しようと考えたのでし

ょうか。上のグラフは、中古マンションの購入者に聞いた、「中古マンション購入の決め手

となった理由」です。

圧倒的に多かったのが「価格が適切だったから」という理由。次いで「立地環境が良いか

ら」、「デザイン・設備が充実しているから」、「昔から住んでいる地域だったから」とい

う理由が続きます。

1位の「価格が適切だったから」と答えた回答者からは、「同じ価格だったら少しでも広い

部屋が良い」という声が上がっています。新築物件は物件そのものの価値に加え、「新築

だから」という付加価値が付いてきます。しかし中古物件はそれが付かないので、新築物件

より広い部屋、住環境の良い部屋を選ぶことができるのです。

現在政府も後押ししている中古住宅。今新築の一戸建てやマンションの購入を検討している

人は、「中古マンションの購入」という選択肢を増やしてみましょう。自分の理想に合った

物件がすぐに見つかるかもしれません。

黄色い服の女性

将来を見据えたマンションの選び方と資金繰りについて

将来を見据えたマンション選び

マンション選びで意識しておきたいのは、将来のビジョンに見合った物件であるかどうかという点です。これから何年間その物件に住むのか、ペットを購入する予定はあるのか、毎月の支払額に無理はないかなど、将来におけるいろいろな部分を見据えた上で物件選びを行なうようにしましょう。「一人暮らしからのスタートだけど、行く行くは結婚も考えている」という人は、居住地の住み替えの可能性も出てきます。住み替えをすることになった場合、「これから購入するマンションにどのくらいの資産価値が残っているのか」「住み替え先をどうやって用意するか」という部分を考えなければなりません。今のうちに、将来を見越したライフプランやキャリアプランを立てておきましょう。現時点で結婚の予定が無く、しばらくは一人暮らしを続ける予定だという人も、現在だけでなく、将来のことを見据えた物件選びを心がけるようにしましょう。

Vサインする女性
電卓を持つ女性

リフォーム時の予算オーバーに注意

「中古マンションを購入して自分らしさの詰まった部屋にリフォームしたい」という人は、予算をオーバーさせないよう念入りな予算計画を立てましょう。なぜなら、リフォームにかけるお金は予想額をオーバーする可能性が高いからです。逆に予想額を下回ることはほとんどありません。計画を立てる時点で一定額を定めておかないと、歯止めが利かなくなり大幅に予算をオーバーさせてしまう可能性が生まれてしまうので、十分注意しましょう。